【動画付き】ベルギー代表FWレアンドロ・トロサール プレースタイルと人物像【ブライトン】

ベルギー代表FWトロサール
【引用:トロサール公式Twitter】

現在プレミアリーグで大車輪の活躍を披露しており、ベルギー代表の注目選手の一人であるFWレアンドロ・トロサール。日本代表MF三笘薫も所属するブライトンでは不動の主力となっており、いまや絶対的エースとして上位躍進を続けるチームに欠かせない存在だ。今回はそんなトロサールについて本記事で紹介していく。

目次

トロサールの基本プロフィール

生年月日1994年12月4日
国籍ベルギー
所属クラブブライトン
ポジションFW
身長172cm
利き足右足
経歴ヘンク→ロンメル・ユナイテッド (loan)→ウェステルロー (loan)→ロンメル・ユナイテッド (loan)→ルーヴェン (loan)→ブライトン

トロサールのプレースタイル

トロサールのプレーエリア【引用:SofaScore

トロサールは主に左のウィングで起用されるが、FWの後ろに陣取って中盤との連携役を担うこともある。

元々はシャドーの選手であったことから一人で守備を翻弄できる能力を持っており、左サイドを中心にピッチ全体でブライトンの攻撃を「ドリブル」で前進させたり、場況によっては「ボールキープ」によって味方が上がる時間を生み出すことができる。相対する守備陣はボールを持ったトロサールにスペースや時間を与えれば与えるほどピンチに陥ってしまうことだろう。また打開だけでなく、キーパスが1試合平均1.4本とパスでも相手守備を混乱させる事ができる。更にファイナルサードで得点する能力も持ち合わせており、トロサールはブライトンにおける攻撃の主力であると名実ともに言うことができる。一方フィジカルで削られることの多いプレミアリーグでファウルを受ける回数はそこまで多くはなく、前線でFKを獲得出来るようになればより脅威となれることであろう。

このように攻撃能力へ注目がいくトロサールであるが、守備も決してサボる事はなく、ブライトンにおいて前線の選手に課せられたハイプレスを率先して行っている。

トロサールのスーパープレー

2020-21シーズンに彼が記録したゴール&アシスト集がこちら。守備が密集していても失わないボールキープや、ピッチを広く有効的に使えるトロサールの能力がブライトンの攻撃の核となっている。

トロサールのキャリア

トロサールは2011-12シーズンの最終戦でデビューしたが、そこから4シーズンはローン移籍を繰り返して武者修行していた。2016-17シーズンにようやくレンタル元のヘンクで先発に定着した。その後は怪我も経験したが、シーズン後半から主将になった2018-19シーズンには2桁得点をあげるなどチームを8年ぶりのリーグ優勝に導いた。

この活躍から各国のクラブが注目。6月26日にブライトンへの移籍が発表された。第2節のウェストハム戦で初出場すると、序盤にはVARによる得点取り消しを受けたが、65分に同点ゴールをあげてプレミア初得点をマークした。

一方、トロサールの代表キャリアは年代別代表からスタートし、2018年にはA代表にも招集されたが負傷により辞退した。結局彼がベルギー代表としてデビューしたのは2020年9月のネーションズリーグだったが、そこからはコンスタントに出場を重ね、2021年3月にはW杯予選で初得点を記録した。その後EUROの代表にも選出された。

ブライトンでも所属3シーズン目となった2021-22シーズンには9位とチームの躍進を支える重要な存在に。欧州大会をも捉えようとする2022-23シーズンのチームにおいて、更にトロサールにかかる期待が大きくなっている。

また、カタールW杯のメンバーにも招集されており、大ブレイク候補の一角として期待されている。

あわせて読みたい
【動画付き】エクアドル代表MFモイセス・カイセド プレースタイルと人物像【ブライトン】 エクアドル代表MFモイセス・カイセドは今現在、プレミアリーグで最も注目されている中盤選手の1人だ。ブライトンで才能を開花させた20歳の若きダイナモは、すでにリーグ...

トロサールのエピソード

自身をブライトンへと呼んだポッター監督がシーズン序盤でチェルシーに移籍したが、これを受けてトロサールもポッター監督の後を追ってブライトンを去るのではないかという噂が流れた。しかしトロサールは「チャンスがあれば」と言いつつも「僕は試合に出たいんだ。ソファーに座っていたいわけじゃない」とコメント。彼にとって重要なのは「名門所属のネームバリュー」ではなく、「実際にチームのメンバーとして戦える場所」なのだ。

あわせて読みたい
三笘薫、ブライトンでの起用法は?ノーミルク佐藤の見解「ビッグクラブの注目株に」 日本代表MF三笘薫は、現役日本人選手の中でもトップクラスの突破力を誇ることは周知の通りだろう。川崎フロンターレでの活躍はもちろんのこと、海外初挑戦となったベル...

トロサールのまとめ

W杯ではタレント揃いのベルギー代表で優勝を狙える位置にあり、またブライトンでは多くの引き抜きに遭うクラブを支える大黒柱となっている。更には三笘との左サイドでのポジション争いから同居できるような起用法にもなり、これからは2人の連携も期待できそうだ。クラブと代表共に活躍を見せるトロサールに注目していこう。

ベルギー代表FWトロサール

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いたライター

地元のクラブ、反町監督率いる松本山雅からサッカーの魅力へ強く惹かれる。その後国内外のリーグを観戦するように。
好きな選手は最後まで泥臭く走り戦う選手。海外サッカーを見るようになったきっかけは岡崎慎司。
趣味はスポーツ観戦と音楽。

目次