【レアル】ダビド・アラバとは?プレースタイルや人物像を紹介

レアル・マドリードのダビド・アラバ
【引用:アラバ公式Twitter】

現代サッカー選手において最高のマルチローラーとの呼び声高いオーストリア代表DFダビド・アラバは2021年に新たな挑戦としてスペインのレアル・マドリードへと活躍の場を移した。バイエルン所属時には当時の指揮官グアルディオラからそのユーティリティ性を「神」とまで称されたアラバであるが、レアルでの起用法もマルチになるであろう。そんなアラバのプレースタイルやスーパープレー、エピソードなどをこの記事では紹介していく。

目次

アラバの基本プロフィール

生年月日1992年6月24日
国籍オーストリア
所属クラブレアル・マドリード
ポジションDF
身長180cm
利き足左足
経歴FCバイエルン・ミュンヘン→ホッフェンハイム(loan)→FCバイエルン・ミュンヘン→レアル・マドリード

アラバのプレースタイル

アラバのプレーエリア【引用:SofaScore

メインポジションはどこなのだろうか。筆者以外にそう思う人は少なくないだろう。主に多く配置されているのは左SBであるが、他にもCBやインサイドハーフ、サイドハーフ、ボランチ、トップ下、WGどのポジションに配置されても高水準のパフォーマンスを見せる。GK以外のポジションならどこでもフィットしてしまうほどのマルチローラーである。2013年にバイエルンの監督に就任した名将、ジョゼップ・グアルディオラにはそのユーティリティ性を「神」とまで称され、チームの重要な選手として重用された。

中でもアラバの起用法で有名になったのは、「アラバロール」である。スタートポジションは左SBに配置され、ブロック守備時にはその左SBのポジションでしっかりDFラインを形成する。アラバロールが真価を発揮するのはポゼッション時である。ポゼッション時には左SBのポジションから1列前のボランチ・インサイドハーフの位置まで上がり、中に絞った左のハーフスペースにポジションを取る。そうすることで、中盤で数的有利になった状態でのパス回しが可能となる。また、アラバが絞ったことで左CBからワイドに張った左WGの選手へのパスコースが出来る。当時のバイエルンは元フランス代表FWフランク・リベリー等のキレキレドリブラーが多く在籍していた。そのWGプレイヤー達にボールを配給し、ドリブルで仕掛けさせるための配置でもあった。ネガティブトランジション時には中に絞ったアラバがいることで中央に数的有利を作れているため、カウンター対策としてセカンドボールの回収や、プレッシングを行い、すぐさまポゼッションを戻すことが出来ていた。これらはグアルディオラのポジショナルプレーの思考から生まれたものである。そして、この戦術が出来たのも、アラバの攻撃面・守備面両方のスキルの高さと、ユーティリティ性の源であるサッカーIQ・戦術理解力の高さがあったからである。

アラバのスーパープレー

バイエルン時代のアラバのスーパープレー集。アラバの多彩な才能を見ることができる。ベストゴールのシーンでは、強烈なダイレクトミドルを叩き込み、ベストアシストのシーンでは柔らかなフライスルーパスをブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョに合わせている。

この動画ではアラバのバイエルンでの初ゴールや、ブンデスリーガで決めた多くの直接フリーキックゴールを見ることが出来る。特にフリーキックはアラバが得意としており、カーブをかけたコントロールショットや、縦回転をかけた強烈なシュートなど、主に右サイド寄りの位置からのフリーキックを決めている。

アラバのキャリア

オーストリアの首都ウィーンで生まれたアラバはSVアスペルンのユースでサッカーキャリアをスタートし、2002年に地元の強豪FKオーストリア・ウィーンのユースに移籍、そして2008年にバイエルンのユースに移籍し、着実にステップアップしていった。2010年1月にトップチームに昇格し、2月10日、DFBポカールのグロイター・フュルト戦にて途中交代でトップチームデビューを果たした。2011年1月3日には、ホッフェンハイムにレンタル移籍し出場機会を増やし、翌シーズンからはバイエルンに復帰。2013-14シーズンからは、グアルディオラがバイエルンの監督に就任し、アラバはチームに欠かせない中心選手として起用されていった。バイエルン時代にはブンデスリーガ10回、UEFAチャンピオンズリーグ2回、FIFAクラブワールドカップ1回等、多くのタイトル獲得に貢献した。

2021年2月16日に長年在籍したバイエルンと契約延長せず、退団することを発表し、5月28日にレアル・マドリードへ移籍した。レアルでは入れ替わりで退団したスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが着用していた背番号4番を付け、新たなDFリーダーとして起用されている。

オーストリアのA代表には2009年10月のフランス戦に最年少記録となる17歳112日でデビューを果たした。2011年に初めてオーストリア年間最優秀選手に選出されて以降、コンスタントに同賞を受賞しており、2021年に選出されて8回目の受賞となった。オーストリア史上最高の選手と言っても良いだろう。

アラバのエピソード

アラバは大のファッション好きとしても知られており、ファッションスキルも非常に高い。ミラノなど、ヨーロッパ各地で行われるファッションイベントにもよく訪れているという。また、絵画にも挑戦しているという情報もある。アラバはサッカーだけにとどまらず、プライベートでもマルチロールに活躍中だ。

また、父はナイジェリア出身の元DJ、母はフィリピン出身の看護師、妹は著名なシンガーソングライターと、家族も多彩である。

アラバのまとめ

レアル・マドリードからスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが抜け、そこに入っていき、背番号も受け継いだアラバ。新銀河系軍団の新たなDFリーダーとして期待がかかっている。オーストリア史上最高選手の筆頭である彼は、その高いサッカーIQと戦術理解によって様々な戦術、ポジションに対応し、活躍し続けていくであろう。また、アラバによって生まれる新たな戦術を見ることが出来る日が来るかもしれない。

レアル・マドリードのダビド・アラバ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ユルゲン・クロップ監督率いる当時のドルトムントがきっかけでサッカー好きに。
試合をシステムの観点から分析するのを得意としている。
好きなサッカー選手は、チアゴ・アルカンタラ。
趣味はゴルフ・釣り・サウナ・野球観戦と多彩。

目次