マンチェスター・シティ、夏の補強策は?移籍市場の談論「ハーランド以上の期待値」

2021-22シーズンのマンチェスター・シティ
【引用:マンチェスター・シティ公式Twitter & Off The Ball編集部】

マンチェスター・シティは2021-22シーズン、リバプールとの熾烈な優勝争いの末、プレミアリーグ連覇を達成した。悲願のUEFAチャンピオンズリーグは今季も逃す格好となったが、次世代の世界最高選手の筆頭であるノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドの獲得に成功。念願だったエースストライカーを手中に収め、来季こそ欧州制覇に向けた完璧な布陣を完成させつつあるが、シティは今後移籍市場でどのような立ち回りを見せるべきなのだろうか?現時点での実現度をあえて鑑みず、「Off The Ball」編集部内で独自の見解を談論した。

あわせて読みたい
編集部プロフィール 【】 役職:編集長 趣味:サウナ 経歴:6年間にわたり某大手サッカーメディアの 編集部に所属 Q:これまでの仕事で印象に残っているのは? 「DAZN」の企画で3週間ほどド...
目次

マンC補強の焦点は“フェルナンジーニョの後任”

Tate Masa

必要なのは、今季限りで退団したフェルナンジーニョの後釜の確保でしょうね。理想はウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライスなんですけど、ハーランドを獲得したし、巨額は使いたくないはず。さらに、今はロドリが絶対的な主力なので、100億円を払ってまで二番手を確保する必要性がないと。ですので、ウルブスのポルトガル代表MFルベン・ネヴェスがいいのではないかと思っています。優秀なアンカーですし、50億円ほどで獲得できるはずなので。

Off The Ball
【ウルブス】ルベン・ネヴェスとは?プレースタイルや人物像を紹介 | Off The Ball ここ数年の移籍市場において、現在ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ所属のポルトガル代表MFルベン・ネヴェスの名を多く目にする。マンチェスター・ユナイテッドやアーセ...
Jofuku Tatsuya

フェルナンジーニョの後任は確保に動くだろうね。最も適任なのは、リーズ・ユナイテッドのイングランド代表MFカルヴィン・フィリップスだと思っている。リーズがプレミアリーグ残留を決めたので、獲得はイージーではなくなったが、ペップ・グアルディオラは明確な二番手を固めるのを嫌うタイプの監督。デ・ブライネは別格の存在としても、前線の選手ではコンディションによって先発の座を頻繁に入れ替えており、そうやって各選手のモチベーションを保つのが彼のマネジメント。そういう意味では、安泰の地位を築いているロドリの先発を脅かすような選手を求めているのではないだろうか。

※マンチェスター・シティは2022年7月4日にカルヴィン・フィリップスの獲得を正式発表。

あわせて読みたい
【マンC】カルヴィン・フィリップスとは?プレースタイルや人物像を紹介 「ヨークシャーのピルロ」のニックネームを持ち、視野が広く、持ち前の高いキックテクニックと素早いボール奪取能力を持つディフェンスで、所属するリーズにおいて欠か...
Tate Masa

ライスがどのクラブに移籍するのか、もしくはウェストハムに留まるのか。その決断によって、アンカーポジションの全選手の動向にも大きく影響するでしょうね。ユナイテッドもアンカータイプの選手の獲得に動くでしょうから、それがライスになるのか、ルベン・ネヴェスになるのか。ライスがCL出場を望むなら、玉突きの方向もまた変わるでしょうから。鍵を握るのは、間違いなくライスです。

マンC退団の噂が絶えないアタッカー陣の対策は…

Jofuku Tatsuya

前線は、まず9番ポジションにハーランドを獲得したわけだけど、スターリング、マフレズ、ジェズス、ベルナルド・シウバあたりに移籍の話が持ち上がっているよね。全員放出することはまずありえないと思うが、もしかしたら2人は移籍する可能性があると考えるべきだろうね。

Tate Masa

シティに行けば面白そうだなと思うのは、リーズのブラジル代表FWハフィーニャとウルブスのポルトガル代表FWペドロ・ネトですね。今のシティにいないタイプのウインガーなので。ただ、もし先にスターリングかマフレズが移籍を決断するのであれば、ジェズスは留まる方が賢明だと思います。最前線はハーランドがいるので難しいでしょうが、ジェズスが完全な右ウインガーとしてプレーする決断をすれば、先発の定着も見込めます。

あわせて読みたい
【バルセロナ】ハフィーニャとは?プレースタイルや人物像を紹介 リーズ・ユナイテッドで頭角を現し、バルセロナへと加入したハフィーニャ。21年にはそれまで年代別での出場が無く、ブラジル国内では名前が知られていなかった選手なが...

マンCのブレイク候補は期待の新星FWカイキ

19歳ながらU-23ブラジル代表に選出されているFWカイキ【引用:マンチェスター・シティ公式Twitter】
Jofuku Tatsuya

個人的には、アタッカーの放出が1,2人で留まるのであれば、前線はこれ以上の大型補強をする必要はないと思っている。なぜなら、シティは昨年にブラジルのフルミネンセからU-23ブラジル代表FWカイキを獲得しているから。まだ19歳なので、この補強は未来への投資の意味合いが大きいが、彼は“ネクスト・ネイマール”と評されるほどの実力の持ち主。今年に入ってから初めてチームに合流したばかりだが、左利きで右サイドからの切れ味鋭いカットインを武器にしており、来季にブレイクする可能性を秘めている。ジェズスもブラジルのパルメイラスに加入してから即座に結果を残した。なので、個人的にカイキは“ネクスト・ジェズス”と期待している。ハーランドは現時点で世界屈指の評価を受けている点を踏まえると、ある意味でハーランド以上の期待値と言える。

Tate Masa

マフレズとスターリングのどちらかが放出となっても、今のシティの前線の選手層であれば大きな戦力ダウンにはならないでしょうね。ただ、ベルナルド・シウバが移籍するとなると、昨季のパフォーマンスを考えると、相当手痛いと思います。守備面に関しては、噂されているブライトンのDFマルク・ククレジャの獲得に成功すれば充分でしょう。彼はMFの役割も担えるので、シティの色に合うはずです。

マンC夏の補強策のまとめ

【引用:マンチェスター・シティ公式Twitter】

2021-22シーズンのシティは、プレミアリーグ連覇を果たしたものの、CL優勝はまたもお預けとなった。来季こそ悲願を達成するため、超新星ハーランドの獲得に踏み切ったが、次なる補強候補として、

  • イングランド代表MFデクラン・ライス(ウェストハム)
  • ポルトガル代表MFルベン・ネヴェス(ウルブス)
  • イングランド代表MFカルヴィン・フィリップス(リーズ・ユナイテッド)
  • ブラジル代表FWハフィーニャ(リーズ・ユナイテッド)
  • ポルトガル代表FWペドロ・ネト(ウルブス)
  • DFマルク・ククレジャ(ブライトン)

上記のメンバーの名前が挙げられた。放出される選手によって補強ポジションも変わってくるが、来季のシティは今季以上に死角のないチームとなりそうだ。

2021-22シーズンのマンチェスター・シティ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「Off The Ball」編集長。
大手サッカー専門メディアに過去6年配属。
在籍時は、高校サッカー・J1リーグを主に担当。
「DAZN」企画でドイツ・スペインへの長期出張で現地取材を経験。
人生の転機は、フェルナンド・トーレスの引退会見で直接交わした質疑応答。
趣味はサウナ。

目次