リバプール、夏の補強策は?移籍市場の談論「3度は偶然ではない」

2021-22シーズンのリバプール
【引用:リバプール公式Twitter & Off The Ball編集部】

リバプールは2021-22シーズン、無類の強さで全てのカップ戦の決勝に進出し、プレミアリーグの優勝争いを含め、前人未到の4冠を達成する千載一遇のチャンスを迎えていた。リーグ杯、FA杯では優勝を達成したものの、プレミアリーグでは2位、UEFAチャンピオンズリーグでは準優勝と、優先順位の高い2つのコンペティションを落とす課題も残った。また、エースのセネガル代表FWサディオ・マネの退団が決定的となっており、長年にわたり築いてきたアタッカー陣の組み合わせにもひと区切りが打たれることになる。リバプールは来季を見据え、移籍市場で今後どのような立ち回りを見せるべきなのだろうか?現時点での実現度をあえて鑑みず、「Off The Ball」編集部内で独自の見解を談論した。

あわせて読みたい
編集部プロフィール 【】 役職:編集長 趣味:サウナ 経歴:6年間にわたり某大手サッカーメディアの 編集部に所属 Q:これまでの仕事で印象に残っているのは? 「DAZN」の企画で3週間ほどド...
「Off The ball」編集部のプロフィールはこちらから!
目次

リバプールはマネの後釜を補強すべき?しないべき?

Tate Masa

マネを放出しても、ディオゴ・ジョタがいます。なので、大金を使うことはないんじゃないかなと予想しています。若手投資に関しても、ファビオ・カルバーリョで達成している状況。リバプールはパニック・バイに走る印象はないので、現状のスカッドで来シーズンを迎えるのではないでしょうか。

Jofuku Tatsuya

自分は少し違う考え方かな。マンチェスター・シティが超新星ハーランドを獲得したのに対し、リバプールはマネを放出したまま穴埋めせずに新シーズン、というのはあまりにリスクがあるのではないだろうか。プレミアリーグを優勝するには、マネの正当な後任を確保するのが必要不可欠だと思っている。そういう意味では、ベンフィカのダルウィン・ヌニェスは手中に収めるべき。まだ22歳だし、総額100億円くらいしてしまうだろうけど、マネを50億ほどで売却できれば、実質50億円で獲得できることになる。

※リバプールは2022年6月にベンフィカからウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスを約141億円で獲得

あわせて読みたい
【リバプール】ダルウィン・ヌニェスとは?プレースタイルや人物像を紹介 次世代のサッカー界を牽引するストライカーの1人として注目を集めているダルウィン・ヌニェス。爆発的なスピードと打点の高いヘディングで得点を量産し、リバプールがク...

リバプールの懸念材料はジョタの急ブレーキ

Tate Masa

サラーは少なからず今季残ることになるでしょうから、サラー、ルイス・ディアス、ジョタ、フィルミーノで基本的には回し、あとはエリオット、ファビオ・カルバーリョら若手選手を戦力として育てることに注力するシーズンになる気がしています。

Jofuku Tatsuya

気がかりだったのは、今季の終盤戦、ラスト10試合ほどに関して、ジョタのパフォーマンスが目に見えて下落していたこと。特に、ボックス内でのシュートが明らかに減っていた。リバプールは合計63試合も消化しているから、当然コンディションの問題ではあると思うが、冬に加入したルイス・ディアスに主力の座を奪われたことで、モチベーションが低下していた可能性もあるかもしれない。マネが去ってレギュラーに返り咲くことで、ジョタも復調するかもしれないが…リーグ優勝を目指す上で、それに賭けるのは冒険が過ぎる気もする。

リバプールが3大会の決勝で露呈した決定的な課題

Tate Masa

ファビオ・カルバーリョは今年で20歳とまだ若いですが、実際は即戦力として期待できると思っています。ウイングとしてプレーさせて、ジョタをセンターに専念させる可能性もありそうです。

Jofuku Tatsuya

クロップがどう育てたいか次第ではあるけれど、ファビオ・カルバーリョに関しては、インサイドハーフとして考えているんじゃないかな。リバプールは、得点力のあるインサイドハーフが不在であることが課題でもあったし、彼なら解決策になり得る。また、もし仮にマネが残留していたとしても、課題がなかったわけではない。今季のリバプールは例年通り強烈な攻撃力・破壊力を誇示した一方、優勝したリーグ杯とFA杯の決勝、そして敗れたCLの決勝で、いずれもスコアレスに終わっている。3度は決して偶然ではない。本当の大一番で、試合を決する得点を奪えるアタッカーがいなかったという事実は、リバプールに変革の時期が訪れていることの裏付けなのではないだろうか。

あわせて読みたい
CLベストイレブンは?城福浩が選出「サッカーを再認識させられた」 2021-22シーズンのUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦が開催され、レアル・マドリードがリバプールに1-0で勝利。4年ぶりの優勝で、前人未到となる14度目の欧州制覇を達成...

来季はサラーがリバプール退団の可能性も?後任の候補は?

Tate Masa

来季はサラーがフリートランスファーで移籍する可能性もありますよね。フィルミーノも来季以降に契約満了で去る可能性が高いことを考えると、クロップ政権を支えたフロント3の完全解体はもうすぐそこまで来ているかもしれないですね。

Jofuku Tatsuya

フィルミーノの後釜は、ジョタで申し分ないだろうね。サラーに関しては、来季以降も止まるのかどうか不透明ではあるけれど、もし来夏で去る場合は、冬の移籍市場でぜひともリーズ・ユナイテッドのハフィーニャの獲得に乗り出してほしい。スピードを駆使したドリブル突破が武器で、左利き。カットインからのシュートも得意としているので、サラーの後任としては打ってつけの存在だと思っている。ただ、ハフィーニャを狙っているビッグクラブは多いし、今夏で移籍してしまう可能性は高そうだけどね。

あわせて読みたい
【バルセロナ】ハフィーニャとは?プレースタイルや人物像を紹介 リーズ・ユナイテッドで頭角を現し、バルセロナへと加入したハフィーニャ。21年にはそれまで年代別での出場が無く、ブラジル国内では名前が知られていなかった選手なが...
あわせて読みたい
ブラジル代表の注目選手は?城福浩&小倉勉の見解「世界最高のポジション争い」 カタールW杯における優勝候補の筆頭と目されているのが。FIFAランキングで1位に君臨するブラジル代表だ。数々のJクラブを指揮し、現在は東京ヴェルディに就任している城...

スーパーサブ起用でスアレスのリバプール凱旋も!?

Tate Masa

今夏の移籍市場で言えば、スーパーサブの起用として考えるのであれば、現在フリーのルイス・スアレスと1年間だけ契約するのはありかもしれないですよ。35歳なので、プレミアリーグの強度で90分間は走れないと思いますが、得点力は健在なので、残り15分からの出場であれば期待できます。

Jofuku Tatsuya

クロップ監督はベテラン選手を短期契約で獲得する印象があまりないから、どうだろうね。確かにTate Masaの言う通り、リバプールは急転直下の大型補強に出るようなクラブではない。でも、クロップ監督は今後数年間のチーム作りを踏まえて、マネの後任を据えたいのであれば、100億円払ってもダルウィン・ヌニェスを獲得すべきだと、個人的には考えている。

リバプール夏の補強策のまとめ

セレモニーを開催するリバプール
【引用:リバプール公式Twitter】

2021-22シーズンのリバプールは、前人未到の4冠を狙える立場まで勝ち上がる強さを示した一方、プレミアリーグ、CLはあと一歩のところで取りこぼすことに。エースを務めるマネの退団が決定的となっている中、編集部内では後釜を確保すべきか否かの意見が分かれた。そんな中、獲得に乗り出すべき選手としては、

  • ウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェス(ベンフィカ)
  • ウルグアイ代表FWルイス・スアレス(無所属)
  • ブラジル代表FWハフィーニャ(リーズ・ユナイテッド) ※冬の移籍市場

上記のメンバーの名前が挙げられた。来季こそプレミアリーグ、CLのいずれかを手中に収めたいリバプールは、どのような補強に打って出るのだろうか。

2021-22シーズンのリバプール

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「Off The Ball」編集長。
大手サッカー専門メディアに過去6年配属。
在籍時は、高校サッカー・J1リーグを主に担当。
「DAZN」企画でドイツ・スペインへの長期出張で現地取材を経験。
人生の転機は、フェルナンド・トーレスの引退会見で直接交わした質疑応答。
趣味はサウナ。

目次