ビッグクラブ行きも?“次なるブレイク候補”を小倉勉が推奨「移籍市場の注目株に」

サッカー界の次なるブレイク候補
【引用:UEFA.com公式Twitter & フラム公式Twitter &Off The Ball編集部】

2022年夏は、例年にも増して移籍市場が活性化している。マンチェスター・シティに加入したノルウェー代表FWアーリング・ハーランド、バイエルン・ミュンヘンに加入したセネガル代表FWサディオ・マネを筆頭に、数多くのビッグネームの大型移籍が成立している。そんな中、ロンドン五輪のヘッドコーチを務め、今季から東京ヴェルディのヘッドコーチに就任している小倉勉氏は、近い将来にビッグクラブへと移籍するポテンシャルを秘めた選手を挙げている。

あわせて読みたい
サッカー識者の一覧 【】 1961年3月21日生。現役時代は川崎フロンターレの前身である富士通川崎で中盤選手としてプレー。2005年にはU-15日本代表の監督に就任。2006年のAFC U-17選手権で優...
目次

「近い将来、トッププレーヤーになる」と直感した2人のエース

今夏の移籍市場で断トツの最高額を叩き出しているのは、約141億円でベンフィカからリバプールに移籍したウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスだ。昨冬の移籍市場では、コロンビア代表FWルイス・ディアスも約78億円でポルトからリバプールに移籍しており、近年ポルトガルリーグで圧倒的に抜きん出ていた2人が、アンフィールドで顔を合わせることになった。小倉勉氏も、移籍前からルイス・ディアスとダルウィン・ヌニェスの両雄をチェックしていたという。

小倉 勉

自分はWOWOWでCLの解説をやらせてもらっていて、準備のためにCL出場チームをリサーチするわけだけれど、「近い将来、トッププレーヤーになるな」と強烈な印象を受けた選手が2人いて、それが当時ポルトに在籍していたルイス・ディアスと、ベンフィカのダルウィン・ヌニェスだった。まさかその2人がリバプールで同じチームメートになるとは予想していなかったが、ルイス・ディアスは半年前に加入して、即戦力として大活躍。ヌニェスもインパクトを残すのに、そう時間はかからないだろう。ヌニェスはまさに“ネクスト・カバーニ”という表現がぴったりで、似通ったプレースタイルも母国の先輩に多大な影響を受けていることが窺える。

あわせて読みたい
【リバプール】ダルウィン・ヌニェスとは?プレースタイルや人物像を紹介 次世代のサッカー界を牽引するストライカーの1人として注目を集めているダルウィン・ヌニェス。爆発的なスピードと打点の高いヘディングで得点を量産し、リバプールがク...

ポテンシャルを秘めるフランクフルトの俊足ボランチ

また、フランクフルトはUEFAヨーロッパリーグ優勝を達成し、印象的な活躍を示していた日本代表MF鎌田大地にも移籍の可能性が取り沙汰されているが、小倉勉氏はボランチでプレーするスイス代表MFジブリル・ソウのポテンシャルに注目していると語った。

小倉 勉

フランクフルトに所属するボランチのジブリル・ソウは面白いと感じている。まだ荒削りなところも目立つが、パスのデリバリーがうまく、運んでゴール前でシュートも打てる。爆発的なスピードも武器としており、3列目からの攻撃参加も非常に効果的だ。スイス代表でも、まだ途中から投入されるような存在ではあるが、今年で25歳とまだ若く、今後もうひと伸びしてくれば、ビッグクラブから関心を集めるような選手になってくると思う。

Off The Ball
【フランクフルト】ジブリル・ソウとは?プレースタイルや人物像を紹介 | Off The Ball ブンデスリーガ、フランクフルトに所属するジブリル・ソウ。ドイツの舞台でEL優勝メンバーにもなった彼は年々飛躍的に成長し、今ではスイス代表のボランチとして名を馳せて...

ジブリル・ソウは「モドリッチよりはクロース寄り」

ジブリル・ソウは2019年夏にスイスの名門ヤング・ボーイズから加入したが、1シーズン目は本領を発揮することができずに伸び悩んでいたが、ダブルボランチで元日本代表MF長谷部誠とパートナーを組むようになると、パフォーマンスが飛躍的に向上。今ではフランクフルトにとって欠かせない戦力となっている。

小倉 勉

レアルで例えるとするなら、モドリッチよりはクロース寄りのプレースタイル。長短のパスを使い分けてリズムを作り、出しどころのセンスもある。一方で、背丈はあってもポグバのようなフィジカルはなく、ヘンダーソンほど守備の強度があるわけではないから、すぐにプレミアリーグのビッグクラブで活躍するというのは難しいかもしれない。現段階で言うと、アヤックスからバイエルン・ミュンヘンに移籍したライアン・フラーフェンベルフの方がレベルは上だろうね。それでも、来季以降にウィークポイントを改善することができれば、今後の移籍市場で注目株になるだろう。

Off The Ball
【レアル】トニ・クロースとは?プレースタイルや人物像を紹介 | Off The Ball メトロノームとも評される正確無比なパスメイクでポセッションを展開していくドイツ代表MFトニ・クロースはレアル・マドリードの中心選手として銀河系軍団を支えている選手...

プレミア参戦のパリーニャは「どこのクラブも欲しがる選手」

さらに、ポルトガルの名門スポルティングでプレーするポルトガル代表MFジョアン・パリーニャも印象に残っているという。今夏の移籍市場で日本代表MF守田英正がCDサンタ・クララからスポルティングCPに加入を果たしたが、これまでスポルティングの守備的MFとして主力を務めていたパリーニャも今後に期待できる逸材と評価している。

小倉 勉

スポルティングのジョアン・パリーニャもブレイクする可能性のある選手だね。守備的MFで、ボランチながら身長が190cmもある。スポルティングが守田英正の獲得に本腰を入れているという報道があるが、これはパリーニャが引き抜かれることを想定した動きなのではないかと思う。大柄でボール奪取能力も非常に高いハードワーカーで、同じタイプの選手で言えば、ロドリのようなタスクをこなすことができる。どこのクラブも欲しがる選手なのではないかな。

あわせて読みたい
【フラム】ジョアン・パリーニャとは?プレースタイルや人物像を紹介 スポルティングからプレミア昇格チーム、フラムへの移籍が発表されたパリーニャ。ポルトガルリーグで思う存分活躍した彼にとって、プレミアリーグは満を持して挑む場と...

※パリーニャは2022年7月4日、プレミアリーグに昇格したフラムに完全移籍。

ビッグクラブ行きの可能性を秘めた“次なるブレイク候補”のまとめ

リバプールに加入したウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェス
【引用:ダルウィン・ヌニェス公式Twitter】

小倉勉氏が以前からビッグクラブへの移籍を予測していたダルウィン・ヌニェスは、クラブレコードとなる移籍金でリバプールに加入。また、フランクフルトのジブリル・ソウ、フラムに移籍したジョアン・パリーニャの近い将来のブレイクにも太鼓判を押していた。新シーズン開幕まで残り1ヶ月に迫っているが、ブレイク候補の活躍に注目だ。

※当記事のインタビューは、2022年6月4日に実施されたものです。

当記事のインタビュイー

小倉勉のプロフィール

U-17日本代表 ヘッドコーチ… AFC U-17選手権優勝

日本代表 コーチ… 南アフリカW杯ベスト16

U-23日本代表 ヘッドコーチ…ロンドン五輪ベスト4

大宮アルディージャ 監督…J1残留

ヴァンフォーレ甲府 ヘッドコーチ…J2優勝

横浜F・マリノス SD…2017年〜2022年

東京ヴェルディ ヘッドコーチ…2022年〜現在

詳しいプロフィールはこちら

サッカー界の次なるブレイク候補

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「Off The Ball」編集長。
大手サッカー専門メディアに過去6年配属。
在籍時は、高校サッカー・J1リーグを主に担当。
「DAZN」企画でドイツ・スペインへの長期出張で現地取材を経験。
人生の転機は、フェルナンド・トーレスの引退会見で直接交わした質疑応答。
趣味はサウナ。

目次